ハワイ島ヒロは雨が多いそうな。

初めてハワイ島へ上陸したのは、確かテロの前、2000年でした。

緑がほとんどない乾燥地帯のカイルア・コナに降り立って、

なんちゅう島やと思ったのを覚えています。

その後、上陸するたびにあっちやらこっちやら行き、

2005年に、ハワイ島を紹介する本を書いてしまいました。

ハワイ島にないのは、世界の気候帯のうち2つだけやと言われています。

どれとどれやったか覚えてないのですが、とにかく、

乾燥してるだけじゃなくて雨がザーザー降るエリアもあったりします。

ハワイ州で2番目に人口が多いヒロの町も、とっても雨が多いと言われています。

本の取材で訪問した時も、雨がザーザー降っておりました。

が、それ以降、あまり雨に降られた記憶がありません。

標高4205mのマウナケアがそこに見えているので、

雲は必ずどこかに浮かんでいたりしますが、

雨に追われた記憶があるのは、その本の取材の時だけなのです。

覚えてないだけなのかもしれませんが、

ヒロはわたくしにとって、青空と白い雲と緑の町です。


へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000