Royal Hawaiian/ピンクパレス

初めてハワイへ上陸して、ピンク色のホテルがあることに驚きました。

ラブホテルか!と。

ワイキキで3番目に歴史があるホテルであることを知って、さらにびっくり。

が、メディアによっては2番目に古いと紹介されてたりもして、

ハワイに関する情報発信はかなり錯綜していることを感じ、

ちょっと歴史について勉強しちゃおうかな、と思ったのでありました。

ちなみに、以下のとおりです。

 1901年 モアナホテル

 1917年 ハレクラニ

 1927年 ロイヤルハワイアン

アラワイ運河が完成したのが1928年。

ロイヤルハワイアンのほうが年上なんですね。

(かなりちゃんとしたメディアで)アラワイ運河の完成が、

1927年と紹介されてるものもあったりしますけどそれは間違いです。


さて、このホテルはなんでピンク色なのか。

ロイヤルハワイアンのWEBサイトに書いてありました。

http://jp.royal-hawaiian.com/facilities/history.htm

------------------------------------------

マトソン商船会社の創立者ウィリアム・マトソンの親友夫妻が、

ポルトガルへ旅行した際、リスボンのピンクの家を見て気に入り、

自分たちの別荘をピンクに塗り替えた。

その別荘を見たマトソン氏の娘夫妻がその別荘の色を気に入り、

ホテルを同じ色に仕上げた。

------------------------------------------

説得力があるようなないような。

っていうか、だからどうやねんって感じでしょうか。


ホノルル空港から見えるピンク色の大きな建物は軍の病院です。

あちらの色は、ピンク色に塗ったら日本軍は攻めてこないと思ったから、

という理由があります。

日本人はレジャーなところには爆撃をしてこないと判断したからやそうで、

なるほど、と思うけど、そんなことをしておきながら、

民間人のほうが圧倒的に多かった市街地に原爆を落とすなんて、

ほんまに自分ら、どないやねん!と、

話がそれていってしまいそうなので終了。

へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000