The Wailers/ザ・ウェイラーズ

ウェイラーズといえば、ボブ・マーリー&ウェイラーズです。

わたくしがボブ・マーリーを知ったのは、高校生の頃でした。

彼はもう亡くなっていました。

なんだか知らないけど、リズムもメロディも頭に残って、

バンドではやらなかったけど、レゲエがどんどん好きになってしまいました。

やがて、レゲエの中でもボブ・マーリーはちょっと違うことを認識しはじめ、

いつか英語で理解するぞ!と思っていたのですが、

頭が悪いので、それはちょっと無理みたいです(涙)

そのウェイラーズが、ハワイのブルーノートにやってくると言います。

え?

まだ生きてる人はいるの?

調べたら、ベーシストのアストン・バレットがご存命らしい。

まじですか!

アストン・バレットといえば、

レゲエの基本的なパターンを生み出したようなベーシストです。

生で聴けるなんてすごいことやぞ。

ちょっと興奮しながらブルーノートへ行ってきました。

お年やろうからそんなに激しい演奏は無理やろうなあ。

と思っていたら、やっぱり、1人だけイスに座って演奏されてました。

そして、ライブの中程で若者に交代されてました。

嬉しかったけど、躍動感というかなんというかは、

やっぱり静かになってしまってる感じで、

感動したけど複雑な気持ちでございました。

よろしく哀愁。

へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000