カマシ・ワシントン

またしてもブルーノートへ行ってきました。

1回目は管楽器軍団(Rebirth Brass Band

http://www.hawaiiscoop.com/?p=17854

2回目はレゲエ(マキシープリースト

3回目にしてやっとモダンジャズか?って感じでした。

登場したのはサックスプレイヤーのカマシ・ワシントン。

正直言って、何も知らずに聞きに行ったのですが、

血液が沸騰したかと思えるほど刺激を受けまくりました。

メンバーは以下のような感じです。

 テナーサックス

 トロンボーン

 鍵盤

 ウッドベース

 ドラム

 ドラム

 女性ボーカル

 フルート(ソプラノサックスも)

ドラムが2人もいて、それだけで刺激的なのですが、

ウッドベースも鍵盤も、通常の奏法を遥かに越えています。

トロンボーン以外は、手にしたことがあります。

なので、目の前で行われている演奏が、

とんでもなく高レベルであることはよくわかります。

一番前の席に座れたこともあって、ドラムペダルがよく見えました。

わたくしはドラム経験者ですが、

そこに見えているのは、自分にはまったく不可能な足さばきでした。

いやあ、すげえ。

と、あることに気づきました。

野球未経験者が、イチローのプレイを見ても何も思わないように、

楽器未体験者は、この演奏を見ても何も感じないんやろうか?

うーむ、もったいない。。。

じっくり観賞させていただきました。

へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000