カソリックとプロテスタント

先日、結婚式を取材してきました。

キャルバリー・バイ・ザ・シーというプロテスタントで唯一、

海の真ん前にある教会でした。

http://www.hawaiiscoop.com/?p=19084

その話をすると、

え? コオリナ・チャペルも海の真ん前にあるけど?

と言われたりします。

いやいや、チャペルとチャーチは違うものなんです。

厳密に書き始めるとキリがないので簡単に書きます。

現在のハワイでは、

信者がいて、定期的に礼拝が行われるのがチャーチ。

カタチだけなのがチャペル、となっています。

チャーチでいうと、海の前にあるのは確かにキャルバリーだけです。

おまけでもう少し。

チャーチ(教会)は大きくわけて2種類あります。

カソリックとプロテスタントです。

日本人が結婚式をあげている教会は、ほとんどプロテスタントです。

これまた簡単に書くと、

カソリック  =神父さん=信者さんしか式をあげることができない

プロテスタント=牧師さん=信者さんじゃなくても式をあげることができる

実はこの2つは、フランス対イギリスの縮図でもあります。

ハワイ王国がキリスト教になったのは1820年のことと言われています。

が、これはプロテスタントでした。

そして、カソリックは排除されました。

1839年、これに怒ったフランスのフリゲート艦がやってきて、

ハワイ王国を脅します。

カソリック信仰の自由を許可しないと戦争だぞ!

あんまり書いても重くなるのでこのあたりでやめておきます。

そんなわけで、現在のハワイには、

カソリックとプロテスタントの教会が両方あります。

へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000