ハワイ島ハカラウ

ハワイ島は四国の半分もある大きな島です。

中央に標高4000mを越える山が2つもあるために、

人々が生活しているのは、海岸線のエリアだけ。

なので、レンタカーのカウンターで貰えるガイドブックなんかを見ても、

幹線道路の19号線と11号線が島のまわりを一周しているだけの、

シンプルな地図が描かれていたりします。

何もない島のように思えますが、オアフ島とはスケールが違います。

実際にクルマで走ってみたらわかりますが、

ちょっと寄り道しただけで、ハワイ島一周は1日仕事になってしまいます。


かつて、ハワイ島北部には、さとうきびプランテーションがいくつもありました。

収穫したさとうきびを製糖する工場があちこちにあったし、

船に積み込みしやすいように、その工場は海岸線に設けられていました。

さとうきび畑からその工場まで収穫したさとうきびを運ぶために、

さとうきび列車が走っていました。

そういうことを知ると、寄り道したくなるし、

何もないように見えるハワイ島の風景が、生き生きしてきます。


写真は、ハワイ島北部を走る19号線の途中にある、ハカラウの入り江で撮ったもの。

この鉄橋の上を19号線が走っています。

そして、この鉄橋の下に、製糖工場跡があります。

へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000