VOLCANO HOUSE

ハワイ島の西南に溶岩を流し続けているエリアがあります。

そこはアメリカの国立公園となっていて、入場料を払わないと中に入れません。

Hawaii Volcanoes National Park

直訳すると、ハワイ火山国立公園となります。

2016年6月現在クルマ1台で乗り付けたら$20.00です。

15名までそれでOKとか、子どもや老人は安いとか、

細かいことはWEBサイトをご覧ください▼

https://www.nps.gov/havo/planyourvisit/feedetails.htm

入ったらいきなりホテルが現れます。

Volcano House というそのまんまな名前のホテルです。

ホテルの目の前に火口があって、マーク・トウェインは滞在中に、

そこに溶岩がたっぷりあるのを眺めたことがあるそうで、

その話を聞いて、へえ、すごいなあ、と思ったものですが、

今は再びその火口から煙が噴き出しています。

わたくしが初めて見たころは、煙なんか噴き出してなかったのです。

大きな火口のまわりを一周する道路を走りながら、

昔はここから煙が噴き出していたのか、と驚いていたのであります。

そんな話を一緒に働いてるスタッフにしたら驚かれたりして、

っていうか、マーク・トウェインって誰ですか?とか言われたりして、

いやあ、ほんまにじいさんになったなあ、としみじみ思うのでありました。


そんなことより、Volcano House です。

中へ入ったら、いきなり暖炉があったりしてびっくりしますが、

ここは地上1000m以上ある場所なので、

太陽が照りつけていないと、日中でもほんまに寒いです。

宿泊されるなら、長袖のTシャツに、トレーナーやパーカーを持っていきましょう。

http://www.hawaiiscoop.com/?p=21528


へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000