ハレアカラを北から眺めるとこんな感じ

マウイ島にある標高3055mの山ハレアカラは、

空港がある町、カフルイから眺めると、横に伸びたようなカタチをしています。

海を挟んでハワイ島から眺めた時も同じで、なんだか横に広がって見えます。

ハレアカラは、マウナロアみたいに、横にベローンと伸びている。

そう思ってる人は多いみたいです。

でも、山頂まで行くと、ワイキキがすっぽり入る巨大な火口が現れます。

え? この大きな火口はいったいどこに隠れているのか?

地図をよーく見て、やっと理解できます。

ハレアカラは、北東の1/6くらいの部分だけが崩れるように凹んでいるのです。

かつて噴火した時、そのあたりが吹き飛んだのでしょう。

ちょうど、ハナがある方面です。

じゃあ、ハナを目指してドライブすれば、

ハレアカラのその凹んだ部分を見ることができるのか、

というとそうはいきません。

ハナまでつづく道は、その崩れた斜面を縫うように走っているので、

見晴らしなんかちっともよくないし、

だいたいクルマを停めることができる場所が限られています。

これはその道の途中で見つけた展望台?のようなところで撮った写真です。

ハレアカラのこっち側はこんな表情をしているんですね。


展望台のようなところの名前は、Wailua Valley State Wayside です。




へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000