ルナリロ王、実は血縁者

ハワイ王朝は8人の王様がいました。

・カメハメハ1世

・カメハメハ2世

・カメハメハ3世

・カメハメハ4世

・カメハメハ5世

・ルナリロ

・カラカウア

・リリウオカラニ


ルナリロから普通の選挙で選ばれた、と言われていますが、

彼もカメハメハの、なんというか関係者です。

カメハメハ1世の腹違い兄弟の孫息子なんやそうです。

え?どういう意味かようわからん、と思いますが上の関係図をよくご覧ください。

カメハメハ4世&5世とルナリロは、おばあさんが同じです。

っていうか、おじいさんは、カメハメハの兄弟なので、

血はつがっていたといえるでしょう。

その昔、王族たちは、自分の子どもを親戚などに送り込んでいました。

なんでそんなことを?


日本には大昔、夜ばいという風習がありました。

未婚の娘の元へ、毎晩いろんな男が夜ばいにやってきて、

妊娠したら、娘が気に入った男を選びます。

そんなわけで、長男とか長女だけはちょっとだけ違う血が混じっていたそうです。

血が濃くならないための知恵だとも、

単に南方系の人々は奔放であったとも言われています。


詳細には書きませんけど、ハワイはもっとすごかったみたいです。

キャプテンクックがやってきた時、ハワイは収穫祭でした。

この収穫祭というものも、つまりその、乱交というかなんというか、キャー。


失礼しました。

さて、王家関係者のお墓はロイヤルモザリウムにありますが、

なぜかルナリロ王だけはカワイアハオ教会に眠っています。

どうしてかについてはこちらをご覧ください▼

http://www.hawaiiscoop.com/?p=12045




へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000