夜景

若狭の田舎で育ちました。

21:00をすぎると町は暗闇に包まれ、

時々通り過ぎるクルマのライトが静かに夜景を揺らしました。

本当に田舎町でした。

ただ、親父が関東生まれだったこともあり、

年に数回、新幹線に乗って栃木へ向かうことがありました。

そのおかげで、都会の風景は知っていました。

田舎町の海辺で、都会の夜景を思い浮かべていたことを覚えています。

どうして夜景が好きになったのかは、わかりません。

都会へ出てから、夜になると高いビルへ登っていたように思います。

アホは高いところが好きといいますから、

まあ、そんな感じやったんでしょうね。

ハワイへ上陸してから、あることに気がつきました。

オアフ島よりも、カウアイ島やハワイ島のほうが好きなのです。

田舎のほうが好きみたいです。

やっぱり田舎者やからかな?

が、夜景はカウアイ島やハワイ島よりもオアフ島なのであります。

光が多いということは、それだけ人口が多いということで、

田舎ではなく都会だということ。

ううむ、矛盾しているぞ。

これもやっぱり、田舎者ってことなのか?と頭をひねりながら、

夜景を楽しむおっさんなのでありました。

へなしゅん・ぶろぐ

ハワイ在住へなしゅんが、出来事とか、思いついたこととか、だらだら書きます。

0コメント

  • 1000 / 1000